温熱療法を行なう際の効果と自分にあった温熱療法の見つけ方

美容業界で成功するために必要なこと

温熱療法のメリット

「お風呂で温まる」から癌治療まで

低体温症の人が多くなっていると言われている昨今、体を温めることで免疫力を上げ、体調不良を改善しようという治療がにわかに注目されてきています。体温を上げると免疫力は6〜7%アップすると言われています。体を温めることで自分自身の免疫力をあげ、薬などになるべく頼らずに病気を治して行こうというのが温熱療法の基本的な考え方です。 体を温めると気の流れやリンパの流れが良くなり、血管も膨張して「おけつ」も改善されます。また、温熱刺激が免疫システムのスイッチを入れてくれ、病と闘っていこうとする体の潜在能力に火をつけてくれるわけです。 そんな温熱療法ですが、何も難しい治療ばかりではありません。温熱治療には赤外線、蒸気、マイクロ波などさまざまな熱源が使われます。もっとも近代的な治療としては癌治療に使われるハイパーサーミアなどが有名ですが、広い意味では自宅でのお風呂やサロンの酵素風呂なども温熱療法の一つだと言うことができるのです。

美容にも利用したい温熱療法

そんな温熱療法ですが、新陳代謝を上げるという効果から、最近では病気の治療だけでなく美容にも気軽に利用されています。先ほど紹介した酵素風呂などもそうですが、他にもよもぎ蒸しのようにサウナ的なもの、温灸に近い仕組みのもの、ラジオ波を使ったマシンなど、その種類もさまざまです。 中には顔にゲルをつけて温めるフェイシャルトリートメントや下半身を集中的に温めダイエットを目的にしたコースもあり、いずれも血流やリンパの流れを促進して肌のターンオーバーを促したり、脂肪の燃焼を助けるのが目的です。 実は温熱療法の機械、家で手軽に使用することができる温熱療法器も昔から発売されていて、自宅で頻繁に温熱療法を施している人も少なくないのだとか。施術の回数を重ねたいのであれば、自宅を自分だけの温熱療法サロンにしてしまうのも良いかもしれませんね。

Copyright (c) 2015 温熱療法を行なう際の効果と自分にあった温熱療法の見つけ方 all reserved.